40代ファッションヲタ紫媛のブログ♪

40代ファッション迷子の女性が、本当にココロときめく服だけに囲まれて過ごせますように♪

【お悩み別】40代女性に似合うワンピース3選【「好き」を大切に】

いつまでも、ワンピースが似合う女性でいたいものです


女性であれば誰しも、年齢に関係なくどこか女性らしさを意識した洋服にココロ惹かれるものではないでしょうか。

 

そんな時ふと手に取りたくなるのがワンピースです。

 

若い時には似合っていたけれど今は・・・とお悩みの40代女性に今こそ着てほしいワンピースをご紹介します。

 

甘め派さんには流行りのチュールスカート風ワンピースがおすすめです

 

40代の女性でファッションは昔から断然甘め好き!という方の中には、最近は全身甘いアイテムでコーデするのは引け目を感じる・・・と自分自身の好みとのギャップに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みを解決するコーデがこちらです。

f:id:sakihime:20200219103610j:plain

レースがとても美しいワンピースです。

薄い紫色のスクエアネックが印象的な美しい花柄模様の生地に、全体を黒のレースでレイヤードしたワンピースを主役として、白でヒール高めのパンプスで春らしくまとめたコーデです。

 

このワンピースはスカート部分には流行りのチュールスカートのようにレースを重ね、上半身はアーガイル模様のように斜めの線を掛け合わせたレースに袖口や襟元、切り返しの部分まで別の模様のレースを使っており、この繊細さは甘め好きさんのココロを射抜くのに十分でしょう。

f:id:sakihime:20200219103701j:plain

上半身も印象的です。

また中の紫色の生地に散りばめられている白い花に合わせて同じ白いパンプスを合わせたところもなかなか技ありなコーデだと感じさせます。

 

このワンピースが甘すぎると感じない理由は何なのでしょう。

 

答えは2つあり、その1つめはレースが全て黒い色で統一してあるからです。

 

これがもしこのワンピースに白のレースを重ねたとすると、引き算が一気になくなりどこか平凡さを醸し出したワンピースへとその表情が変わってしまうでしょう。

 

2つめはパンプスのつま先が鋭角に近い形になっていることからです。

 

もしポインテッドトウのパンプスをはいたとするとこのワンピースに合わせるには少し違和感が生じてしまいますし、つま先が丸いと引き算にならずさらに甘さが増してしまいます。

 

この「鋭角に近い形」というのが絶妙な引き算ポイントということなのです。

 

甘め好きの方々、ぜひ今年の流行りも取り入れた、大人っぽい甘さのワンピースを春コーデに加えてみませんか。

 

辛め派さんには差し色を上手に使うコーデがおすすめです

 

40代女性で辛め派ファッションが好き!という方の中にはシンプル&ベーシックな洋服がクローゼットに増えてしまい、いまいち日々のコーデに面白みがない・・・と感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめのコーデがこちらです。

f:id:sakihime:20200219103752j:plain

アートな形のストライプシャツワンピースです。

アシンメトリーでレイヤードが印象的な形の白地にグレーの色を用いたストライプシャツワンピースに明るいオレンジ色のパンツを差し色に効かせ、ポインテッドトウでエッジを効かせたベージュのショートブーツでまとめたコーデです。

 

このコーデを個性的なものにしているのはストライプシャツワンピースのアートな形が大いに貢献しているのですが、裾の長さを利用して明るいオレンジ色のパンツを「チラ見せ」したところにもテクニックを感じさせます。

 

辛め派な方はなかなかオレンジ色というだけで手が伸びにくいかもしれませんが、面積を小さくすると逆にコーデ全体が明るい好印象のものに変わり、辛さを邪魔しないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

春の光に良く似合う明るい差し色を取り入れて、ワクワクする気持ちを表現してみましょう。

 

体型カバーをしたい方には和風テイストがおすすめです

 

体型カバーをしたいというのも40代女性のファッションの悩みの中にはひとつ、含まれるようです。

 

そんな時、体型カバーをするだけではなく一段おしゃれが格上げされるコーデをご紹介します。

 

このコーデを見てみてください。

f:id:sakihime:20200219103827j:plain

ほっこりさせられる和風テイストです。

Vネックに貝殻ボタンがかわいらしい藍染の水玉模様のワンピースに、濃いめのグレーの太めパンツを合わせたコーデです。

 

このワンピースは全体的にゆったりとしていて身体のラインを拾いにくいというだけではなく、藍染と細やかな水玉模様が何とも美しい和風の雰囲気を醸し出しています。

 

これがもし大きめの水玉模様であればこのような落ち着いたイメージにはなりにくいのですが、貝殻ボタンよりも小さく、また全身に散りばめたところがこのワンピースの良さだと感じます。

 

また藍染自体40代女性にはよく似合う自然な上品さを持つアイテムですし、まだ和風の洋服を着たことがない方には「ネイビーは若い人の色」と決め込まずぜひ挑戦していただきたいものです。

 

体型カバーをするだけではなく、自分のクローゼットの中に新しい風を吹き込む春を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

40代女性のよくあるお悩み別に3種類のワンピースファッションをご紹介しましたが、何よりも大切にしてほしいのはワンピースを「好き」と感じる気持ちです。

 

他人の視線よりも自分のココロを大切にしたお洋服選びこそが、皆さんのセルフイメージを高め、幸せな生活へとつながるからです。

 

皆さんもぜひオンリーワンのワンピースとの、素敵な出逢いを見つけてください。

【実験】45才にして初めて靴を通販で買ってみました!【地雷】

ファッションアイテムを安く購入したい・・・けれど?

 

40代女性のファッションのお悩みとしてかなり多いのが、「もっと安く購入したい」というものです。

 

安く購入できる方法として思い浮かぶのが通販ですが、失敗が怖い方も多いのではないでしょうか。

 

そこで「人生で初めて通販を利用する」という実験をしてみたので、検証結果をごらんください。

 

通販実験に「靴」を選んだ理由

 

媛はファッションアイテム全般について基本的にはお店で試着をし、サイズや身体のラインをどのくらい拾うか、店のライトに照らされた状態での色彩などをチェックしてから購入するのがやはり一番失敗にはつながらない購入方法だと思っています。

 

次善の策として安く購入したい場合、お店で試着を済ませておいてからセールの時期に値引きされるパーセンテージの割合と商品がなくならないタイミングをネットで計りながら購入する、という方法も良いでしょう。

 

しかし今回はお店での試着を行わず、しかも試着なしの場合一番購入に失敗しそうなのは全てのファッションアイテムの中で靴だと感じたのでこれを実験用アイテムとして選んでみたのです。

 

通販サイトとそこに掲載されている情報だけで、どれだけ自分を満足させられる買い物ができるのか、経緯をご紹介します。

 

【実験の経過1】通販サイト選び【商品選択】


媛が靴をほしいと感じた理由ですが、昨年3月に仕事をやめてから底が薄くてすぐに傷んでしまうパンプスを1年かけて断捨離し、新しい厚底靴に入れ替えると決めていました。

 

春の厚底靴の1足は以前ご紹介したベージュの靴ですが、先が丸みを帯びていてどちらかというと可愛らしい印象なので、ハードで重めのデザインの靴がもう1足あると理想的だな、と感じていたのです。

 

そのような時媛は「厚底靴」というわりと広めのキーワードでざっくり検索をかけます。

 

通販でファッションアイテムを購入した経験がないので、「このサイトでなければ買いたくない」というこだわりがないのと、この時点ではカタログのようにサイトを利用しているためです。

 

もう冬セールも店頭ではほぼ終わりの時期で、アウトレットと通販サイトでもう少し続くくらいかな・・・という2月上旬、RUNWAY channelさんのサイトで、EVRISさんの「カッティングアンクルシューズ」という靴を見つけました。

 

ウェスタンブーツのディテールを取り入れたショートブーティー」でありながらかなりの厚底→アートで変わったもの好き媛のお気に入りポイント1

 

ポインテッドトウが効いたかなりハードめのデザイン→春の厚底靴1足目と真逆の印象なのでお気に入りポイント2

 

定価14289円なのに6000円で半額以下(現在は再入荷されたためこのセール価格ではありません)→お気に入りポイント3

 

という3つの条件が重なり、これは購入すべし!と感じたのですがEVRISさんの店舗がルミネエスト新宿さんの中にあるのを知った媛は、ひとまずそちらに出かけました。

 

【実験の経過2】EVRISさんの店頭にて【情報収集】

 

EVRISさんのお店に足を踏み入れると、時節柄もう梅春物で店内は7割ほど覆いつくされ、残りの3割ほどのスペースに一部のセール商品がある、といった印象でした。

 

ぐるりと靴を見渡したところ、「カッティングアンクルシューズ」は見当たりませんでした。

 

そこでお店の方にRUNWAY channelさんのHPを見ていただき、「カッティングアンクルシューズ」が店頭在庫として残っているか確認すると、もう本部に戻された商品なので店頭には残っていないとのことでした。

 

店頭にある靴でサイズを確認することを勧められたのですが、違う靴を試着してもあまり参考にならないな、と感じたので丁寧にお礼をお伝えして一旦退却です。

 

【実験の経過3】ついに媛、ポチる【運を天に任せる】

 

家に帰ってきてもう1回思案しました。

 

検索をかけても、このようなデザインで店頭に残っていそうな靴はもう見当たりません。

 

このような時媛は不思議と覚悟が決まります。

 

「もし失敗してもブログやラジオでしゃべってネタにすればいいからいいや!」←開き直りです笑。

 

口コミを確認すると、ちょうど媛の知りたいことを教えてくれるかのように、「普段23センチの靴をはいていますがSサイズはきつかったです」「普段24センチの靴をはいているのでLサイズを買ったらちょうどよかったです」という2件の情報を確認することができました。

 

はえいやっ!とMサイズのブラウンカラーをポチりました。

 

ポチった後に「セール品なので返品不可」の文言を見つけました。←(ノ∀`)アチャー

 

あとは野となれ山となれ、です。

 

【実験の結果】十分満足できる買い物でした【幸せ】

 

RUNWAY channelさんよりお届けいただいた、EVRISさんの「カッティングアンクルシューズ」がこちらです。

f:id:sakihime:20200218111716j:plain

きれいでピカピカ!一目で気に入りました。

靴のサイズの2倍はある段ボールで厳重すぎるほどに梱包してくださっていたので最初は一体何が届いたのかと驚きましたが、ピカピカできれいなものをお届けいただいて、とてもうれしい気持ちになりました。

 

今は皮が固くてジッパーを開けても足が入りにくいのですが、これははいていくうちに少しずつ解消されると思います。

 

また重さを確認せずに買ったのですが、何と1.2kgもある足にずっしりと存在感のある靴で厚底靴らしさがあり、デザインもハードでとても満足のいくお買い物となりました。

f:id:sakihime:20200218111759j:plain

存在感がある靴です。

春になれば媛はこれをはいてちょっとすました顔でお出かけできるような気がします。

 

まとめ

 

今回は運の良さにかなり助けられた実験結果でしたが、やはり40代女性がファッションアイテムを店頭での試着をせずに通販で購入するというのはなかなかの冒険である気がします。

 

特にサイズについての口コミ、返品交換が可能かどうかはじっくりと目を通すというのが大切だと感じました。

 

かなり地雷な実験をしてみましたが、参考にしていただければうれしいです。

【意外と簡単】アートな服を選ぶ3つの方法【誰でもできます】

アートな服というキーワードを想い出してください

 

以前このブログで40代ファッション迷子の女性のための新しいキーワードとして「アート」を提案しました。

 

今回は40代女性がベーシック&シンプルではない新しいアートな要素をファッションに加えるためにはどのように洋服を選べば良いかを具体的に3つお伝えします。

 

【方法1】初心者向け!見たことのない形の洋服を選びましょう

 

流行りすたりはあれども洋服の形というのはおおむね決まっているもの、と私たちは考えがちなのですが、最近は少しずつそれも様変わりして、毎年のように見たことのない形の洋服がお店に出回るようになってきました。

 

初心者の方は、まずはそのような洋服を見つけることから始めてみましょう。

 

このコーデを見てみてください。

f:id:sakihime:20200218090334j:plain

一見おとなしめのワントーンコーデですが・・・?

濃いめのベージュのブラウスに薄いベージュのセンタープレスパンツを合わせ、アイボリーの靴でまとめた春らしいワントーンコーデなのですが、ブラウスにさらに注目しましょう。

 

胸の前をアシンメトリーな形に布が覆っていて、あまり見かけない形だと思いませんか?

 

左肩の上を見ると、小さなボタンでこの布が止めてあるのがわかります。

f:id:sakihime:20200218085527j:plain

左肩に注目です。

このブラウスはこのボタンを止めて着るとこのような形ですが、ボタンをはずすと布が胸前に垂れ下がるので、2WAYで着ることのできるというのが種明かしです。

 

しかし2WAYどちらの形であったとしても、このようなブラウスを身につけた経験のある方は少ないのではないでしょうか。

 

アートなテイストというと派手な色合いばかりを想像しがちですが、このコーデの場合色味はワントーンです。


形は珍しくても色味は抑えられているので、シンプル&ベーシックなアイテムを多く着ていた方でも取り入れやすいでしょう。

 

ぜひ「見たことのない形」をキーワードに、あなたに似合うアートなテイストの洋服を探し出してみてください。

 

【方法2】中級者向け!カテゴリに分類しにくい洋服を選びましょう

 

最近は通販で洋服を購入される方も増えたため、洋服のカテゴリの名前であるトップス・アウター・ボトムスや、アイテム名であるスカート・サロペットなどの認知度は高まってきていると言えます。

 

しかし、次の写真を見て、あなたならボトムスのアイテム名を何と答えるでしょうか?

 

まずコーデを右側から見た写真です。

f:id:sakihime:20200218090432j:plain

右から見ると・・・?


次にコーデを左側から見た写真です。

f:id:sakihime:20200218090501j:plain

左から見ると・・・?

 

このボトムスは茶色とアイボリーのバイカラーでウエストにある黒ボタンが特徴的なのですが、アイテム名となると、キュロットスカートのようにもワイドパンツのようにも見えてどちらにも分類しにくい、というのが皆さんの本音ではないでしょうか。

 

しかし、分類はしにくくともこのボトムスはバイカラーと黒ボタンのバランスが良く、とても大人っぽくて美しいアイテムです。

 

コーデ全体を見渡すと、トップスに合わせたアイスブルーのベルト付き変形ブラウスも十分インパクトのあるデザインなのですが、このアイテム名のわかりにくいボトムスと合わせて黒のシンプルなパンプスで引き締めることでさらにおしゃれ度がUPしていると言えるでしょう。

 

「分類しにくいアイテム」をキーワードに、ぜひ春の新しいアートコーデを創り上げてみませんか。

 

【方法3】上級者向け!着る方法がわかりにくい服を選びましょう

 

「レイヤード」という言葉がファッションを楽しむ皆さんの中で当たり前に使われるようになってからもうどのくらい経つのでしょうか。

 

最初はいくつかの洋服を重ねて楽しむことから始まり、今では1枚でレイヤードが完成する便利なアイテムもたくさん出回るようになりました。

 

それを踏まえてこのコーデを見てみてください。

f:id:sakihime:20200218090548j:plain

とても美しいアートなデザインのドッキングワンピースです。

全体がベージュのドッキングワンピースに同じベージュのサンダルを合わせたコーデですが、ドッキングワンピースはアシンメトリーニットになっている首回りから袖にかけての部分にジャンパースカートの上部分のような形がレイヤードされ、下半身はプリーツスカートとトレンチスカート部分がセンターで区切られているという、なかなか複雑な構成になっています。

 

このドッキングワンピースだけでレイヤードが完成しているのでとても便利でアートっぽくおしゃれなのですが、このお洋服を初見で「さぁ着てみてください!」と言われたとしたらおそらく何も迷わないという方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

というわけでアートなお洋服を選ぶ方法の上級者の方は、「着る方法のわかりにくい洋服」を選んでみてほしいのです。

 

媛も以前ご紹介した「媛のココロを幸せにしてくれるコート」などは最初着方がわからず、店員さんに最初つきそってもらって1から着方を習いました。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、このようなお洋服は店員さんでもお店に入荷されたとき着る方法を本部に確認するのだそうです。

 

そう考えると店員さんに着る方法をたずねることに対して、少し気が楽になりませんか?

 

アートな服は長く楽しめる素敵なアイテムです

 

アートな服は、一度手に入れるコツをつかめば長く楽しめるアイテムとなります。

 

今日ご紹介した簡単な3つの選び方で、あなたもアートなテイストのファッションを春から楽しんでみませんか。

【簡単】古着風のレトロコーデで垢ぬける方法3選【手間なし】

春はコンサバファッションからちょっと目を逸らしてみませんか?


40代女性のファッションのお悩みで良く見かけるのが、「垢ぬけて見られたい」です。

 

こんな時、長年袖を通したコンサバ服から少し目を逸らし、別のテイストをファッションに取り入れると意外に新しい自分を発見できます。

 

40代女性に似合う春のレトロファッションをご紹介します。

 

【STEP1】買う時に気を付けるだけ!リボン1つでレトロな雰囲気に

 

STEP1はコーデを考えなくてもお買い物をする時に少し心配りをするだけでレトロな雰囲気を醸し出すことができるワンピースを使ったコーデをご紹介します。

 

これを見てみてください。

 

f:id:sakihime:20200217102713j:plain

なぜかレトロ感を感じるのはなぜでしょう?

流行りの総花柄でアイスブルーが映えるワンピースに付属の濃紺色のベロア素材のリボンを結び、光沢のあるピンクゴールドのサンダルを合わせた春らしいコーデです。

 

このベロアリボンがあるのとないのとでは大きく雰囲気が変わる、といいうのをカンの良い方であればもうお気づきでしょう。

 

ベロアリボンがなければまさに旬のコーデといった様相ですが、このベロアリボンが胸に大きく垂れていることで、コーデ全体が少し落ち着き、40代女性に良く似合うレトロコーデファッションへと様変わりしました。

 

首元に注目してみると、このベロアリボンを通すための部分がこのワンピースにはついているので、ベロアリボンをコーデとして合わせたのではなく、ワンピースの付属の品をそのまま結んだということがわかります。

 

f:id:sakihime:20200217102804j:plain

リボンを通す部分があります。

つまり、ワンピースを買おうとした時に似たようなデザインのものが複数のお店にあるとすれば、このような工夫のあるものを選んで買いさえすればあとは手間なしでずっとレトロなデザインをコーデに取り入れられるということなのです。

 

40代の女性であれば気が急いた状態でお買い物をするということは少なくなってきているかもしれませんが、買う前にひとつ深呼吸をしてぜひこのような垢ぬけたコーデを手に入れてみませんか。

 

【STEP2】小物で簡単アレンジを!見せ方一つでイメチェンできます

 

STEP2は春なのでイメチェンをしたいと感じている方や、小物でファッションをアレンジするのが好きな方におすすめの方法です。

 

このコーデを見てみてください。

 

f:id:sakihime:20200217102838j:plain

コーデに統一感があり、おしゃれです。

裾の丸い切れ込みに遊びのある濃紺のシャツワンピースに同じく丸いラインが可愛らしいゆったりめの黒い帽子を合わせて抜け感を出し、レトロなデザインのスカーフと細ベルトのウエストマークでまとめたコーデです。

 

もしこのシャツワンピースだけをシンプルに着てしまうとシンプル過ぎて味気のないコーデになってしまいそうですが、レトロな小物3種類で統一感のあるおしゃれな仕上がりへと変化しました。

 

今回はレトロな小物で統一感を出していますが、例えば服がカジュアルでベーシックなフーディならば、ロックテイストの小物でアレンジするなど応用法がたくさんあるやり方なのです。

 

今までシンプル&ベーシックな服ばかり着ていたのでファッションを見直したいけれど、なかなか勇気が出ない方などはこの方法で小物から見直してみる、というのも良いと思います。

 

クローゼットの中の小物で手持ちの洋服にどんなアレンジを効かせられるか、考えてみるのも楽しい時間ではないでしょうか。

 

【STEP3】上級者編!全体の配色を考えましょう

 

今までは手間いらずの方法を2つご紹介してきましたが、春に向けて少し気合いを入れて新しいファッションを取り入れたい!という40代女性のために上級者編のレトロコーデもご紹介します。

 

このコーデを見てみてください。

 

f:id:sakihime:20200217102924j:plain

レトロで凝ったコーデです。

白のシンプルなクルーネックニットにストライプの裏地を見せて折り返したサテン素材の赤茶色のワイドパンツを合わせ、ベージュと白のバイカラーのコートをゆったりとはおったコーデです。

 

このコーデにはSTEP1で説明した「元々レトロな要素が入った服を選ぶ」STEP2の「レトロな小物でアレンジして統一感を出す」という2つの要素が既に取り入れられていますが、もう一つ「ワントーンコーデをアレンジした配色で抜け感を出している」というのがあります。

 

このコーデの配色をもう一度よく見渡してみると、ベージュ、茶色系のワントーンに春らしく明るめにするため、またこのコーデに抜け感を与えるための白を面積大きめで用いているのです。

 

そのため厳密に言うとワントーンコーデとは呼べないのですが、印象は限りなくワントーンコーデに近いところが控えめですがこのコーデを垢ぬけさせている要因となっていると言えます。

 

なかなかこのテクニックは取り入れるのが難しいかもしれませんが、まずは「コーデ全体の配色に気を配る」ということから始めれば、少しずつこのようなコーデを創り出すこともできるようになるのではないかと感じるのです。

 

春らしく明るめの色をこのようにおしゃれに取り入れることができれば、これからの変化の多い季節を元気な気持ちで乗り越えられるのではないでしょうか。

 

皆さんもぜひこの3STEPで、素敵なレトロコーデを楽しんでみてください。

【40代女性が似合う】カジュアルファッションの解決法2。【簡単コーデ】

40代女性が似合う春カジュアルを見つけました

 

以前も同じテーマで書きましたが、40代女性はカジュアルファッションが似合わなくなってきたと悩む方が多いそうです。

 

前回は40代女性が似合わないと悩むダメージジーンズやフーディなどのコーデ法を取り上げましたが、今回は別の観点からカジュアルを考えていきます。

 

コーデに一つ、インパクトを加えてみましょう

 

40代女性がファッションとしてのカジュアルテイストにあまり面白みを感じなくなるのは、ベーシック&シンプルなアイテムに目が行きやすいというのがひとつ、あるのではないでしょうか。

 

若いころを思い出してみてください。

 

カジュアルファッションで自分の個性や元気な気持ちを表現するために、他の人と「かぶらない」コーデを心がけたりしませんでしたか?

 

そのような気持ちをカジュアルファッションに対して持ち続けるのはとても良いことだと媛は思うのです。

 

そこで、40代女性に似合うカジュアルコーデを創る上で考えてほしいのが、「コーデの中で1つ、インパクトのあるアイテムを加える」ということです。

 

若い時は全身個性的でもそのがちゃがちゃ感が逆に魅力的に映ったりするのですが、40代女性はファッションの酸いも甘いもかみ分けてきたはずです。

 

「際立たせたいアイテムを引き立たせるために引き算コーデも怠らない」

 

そのためにはインパクトのあるアイテムを1つにする、という計算です。

 

このコーデを見てみてください。

f:id:sakihime:20200215111224j:plain

紫色が袖と裾に向かって濃くなっています。

白に色合いが袖に向かって紫にトーンが増していく色彩を取り入れたバイカラーのスウェットに明るい色合いのデニムを合わせ、アイボリーのショートブーツと白のバッグで優しくまとめています。

 

イカラーのスウェットはエスニックファッションに余程長けた方でもなければかなり印象に残るアイテムだと思いますが、他のアイテムはベーシックな物なのでコーデ全体は穏やかな雰囲気を漂わせていると言えるでしょう。

 

紫は去年からずっと流行っているカラーで取り入れやすく、また白とのバイカラーなのも爽やかで好印象です。

 

インパクトのあるトップスで、40代という年齢を楽しむことのできるカジュアルファッションを創ってみるのはいかがでしょうか。

 

目から鱗です!後ろ姿で惹きつけましょう

 

皆さんは自分の後ろ姿が他の方にどのように映っているか考えたことはあるでしょうか。

 

媛は正直一つも考えたことはなく、朝姿見でちゃんと一周して全身チェックしてから家を出る女性のお話などを見かけると、素晴らしいなぁ、とただ感心するばかりでした。

 

しかしこのコーデを見たら、後ろ姿に意識を向けよう、と決意させられたのです。

 

f:id:sakihime:20200215111322j:plain

こんな後ろ姿の女性になりたい!と思わせます。

白地にモノトーン写真を英字で飾ったデザインを背中に背負ったフーディに黒のブーツカットパンツを合わせ、尖ったスクエアトウの黒い靴で締めたコーデですが、全体を見渡すとモノトーンコーデとは思えないほどのインパクトを醸し出しています。

 

これは背中にデザインのあるフーディを1つインパクトアイテムとして取り入れ、黒の肩掛けバッグを後ろに回す着こなしによってさらに背中に視線を集中させているのです。

 

フーディをここまでハンサムに着こなすだけでも素晴らしいですが、後ろに視線を持っていくという新しい考え方に脱帽させられました。

 

新しいお洋服を買うたびに、このような新しいおしゃれについての考え方まで取り入れることができたら理想的だなと感じます。

 

このように春に向けて新しいアイデアでひとつ、コーデを組んでみるのもおすすめです。

 

取り入れにくいアイテムにも挑戦してみましょう

 

ブラックデニムという言葉を聴くと、あなたはどのようなイメージを持たれるでしょうか。

 

青やネイビーのデニムと比較すると、やや手が伸びにくい、という方がほとんどではないかと思います。

 

媛はバンドのボーカルですのでそこまで抵抗は大きくありませんでしたが、ジーンズはともかくGジャンには手を出したことがありません。

 

そのことがもったいない、と感じたコーデがこちらです。

f:id:sakihime:20200215111419j:plain

全体がゆったりとした雰囲気です。

白で明るい色のデザインが入ったTシャツにストライプ柄と黒のバイカラープリーツスカートを合わせ、オーバーサイズの黒Gジャンをゆったりとはおっています。

 

Tシャツにバイカラープリーツスカートだけなら今季流行りの良く目にするコーデだと思いますが、流行っていない黒Gジャンをここに思い切って投入したところがこのコーデにインパクトを加えていると言えるでしょう。

 

流行っていないアイテム、今まで自分の手が伸びにくかったアイテムというのはコーデに投入するのにひとつ、勇気を必要とします。

 

しかし、思い切ってその壁を乗り越えれば、思いがけなくコーデをフレッシュなものに変えてくれるのだと知りました。

 

似合わない、好きではないというのはもしかしたら自分自身の思い込みかもしれない。

 

そんな風に定期的に柔軟にファッションについての考え方を少し見直していけるのも、40代女性の持つココロのゆとりではないでしょうか。

 

媛は春に向けて、何か新しく自分のファッションに取り入れられるものはないか探しに出かけようと思います。

 

ぜひあなたもご一緒に、新しい風をファッションに吹き込んでみませんか。